さわるにゃ

/ 状態: B(普通)

江戸挿絵文庫〈第1巻〉猫物語

※初版帯つき。表紙にやや汚れ、スレ・ヤケあります。中は一カ所見開きに小さな茶色のシミがありますが、その他は綺麗です。

筆者
森茉莉・粕三平編
価格
2500 yen
ページ数
78 P
発行年度
1977 年
発行元
すばる書房
サイズ
ソフトカバー 17.2 x 13.2 x 1.4 cm
店長の感想

イラストレーションの宝庫、江戸草双紙から「猫」のみを抜き出した当時としては画期的な本。というより1970年代にも猫ブームがあったことが分かります。国芳の「朧月猫草紙」や、国貞、豊国の猫浮世絵が手軽に楽しめる本です。化け猫もなぜか可愛く思えてしまいます。表紙に「猫の魔力は、人間の自由と不自由がせめぎあってつくりあげた猫の魅力のひとつです。ひとは猫が人間のいうとおりいになると信じて、猫をいろとりどりに擬人化してみました。と同時に、ひとは猫が決して人間のいうとおりにならないとかたくあきらめて、猫をあれこれの怪談にしたてあげました。猫の魔力は人間の自由と不自由をあらわすシンボルなのです」とありますが、猫についての説明はまさにこの一文に尽きると思います。

関連商品

商品一覧ページへ

店主厳選の本

2017.02.08 / 吾輩は猫である
一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

2017.02.18 / Steinlen Cats

2017.02.12 / Big Cat Studio
一覧へ

大人にもお勧めの絵本

2017.01.16 / チミ
一覧へ

アートな本

一覧へ

挿絵にうなる本

2017.02.18 / Steinlen Cats
一覧へ

ほのぼのする本

一覧へ

うっかり泣けてしまう本

2016.10.03 / ねこはしる
一覧へ

輸入本

2017.02.18 / Steinlen Cats
一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

一覧へ