さわるにゃ

/ 状態: A(良好)

サーシャのしっぽ

※初版帯つき。表紙に微スレ、縁ヨレありますがおおむね美本です。現在絶版。

独立独歩、時に癇癪持ち、それでいて環境に強いられるまま、自発的な愛情の赴くまま…猫に関する鮮やかなアフォリズムに満ちた新しい発見がいっぱいの猫の観察日記風エッセイ。

筆者
ジャックリーン・デーミアン
価格
1000 yen
ページ数
245 P
発行年度
1996 年
発行元
飛鳥新社
サイズ
19 x 13.2 x 2.4 cm
店長の感想

「猫を語れば人はきっと実在の森の繁みに足を突っ込んでしまう」というのは著者の考えです。さらに「自然と文化、自主性と社会性、他社への愛と独立独歩といった対立概念を、どう調和させたらいいのか、これは人間と猫両者が共有する難題だが、案外猫が我々にその答えを教えてくれるかもしれない」とも述べています。猫という、この優雅でややこしく高尚な存在と暮らせることを幸せに思いたいものです。

商品一覧ページへ

その他の商品

罫線

罫線

罫線

店主厳選の本

一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

2017.10.28 / いらないねこ
一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

2017.08.26 / スタンランの猫
一覧へ

挿絵にうなる本

一覧へ

ほのぼのする本

一覧へ

うっかり泣けてしまう本

2017.10.28 / いらないねこ
一覧へ

輸入本

一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

2017.12.27 / 博多祝ポチ袋
一覧へ

輸入雑貨

一覧へ