さわるにゃ

/ 状態: A(良好)

京都猫町ブルース

※初版帯つき。未使用の新品同様の本です。

京都の喫茶「ほんやら洞」には、「ビート詩人や関西フォークの拠点」と呼ばれる以外の伝説もある。国際派写真家が、その内のひとつ「美女と猫の喫茶」伝説の一端を明らかにすると同時に、京都の野良猫との出会いを披露する。ネガストック百数十万コマを有する甲斐の猫写真の決定版。

筆者
甲斐 扶佐義
価格
1000 yen
ページ数
159 P
発行年度
2011 年
発行元
淡交社
サイズ
21.2 x 15 x 1.4 cm
店長の感想

観光客に見せる表向きの顔ではなく、素顔の京都が覗ける写真集。昭和の香りが漂います。猫の視線で京都を歩くとこんな風に見えるのでしょうか。古都には猫が良く似合いますね。表紙裏には京都猫マップがついていて、京都そして猫を堪能できるようになっている心憎い仕掛けが。
このほんやら洞は2015年に火事になり、甲斐さんが撮り溜めた膨大な数のフィルムもすべて焼失し、閉店されたとか。京都の文化発信地がひとつ減り、誠に残念です。

関連商品

商品一覧ページへ

店主厳選の本

2017.05.10 / 水はみどろの宮
一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

2017.02.18 / Steinlen Cats

2017.02.12 / Big Cat Studio
一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

一覧へ

挿絵にうなる本

2017.05.10 / 水はみどろの宮
一覧へ

ほのぼのする本

一覧へ

うっかり泣けてしまう本

2016.10.03 / ねこはしる
一覧へ

輸入本

2017.02.18 / Steinlen Cats
一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

一覧へ