さわるにゃ

/ 状態: 新品

猫の文学館1 ─世界は今、猫のものになる

※初版帯つき、新品定価販売のお品です。

大佛次郎、寺田寅彦、太宰治、鴨居羊子、向田邦子、村上春樹…いつの時代も、日本の作家たちはみんな猫が大好きだった。そして、猫から大いにインスピレーションを得ていた。歌舞伎座に住みついた猫、風呂敷に包まれて川に流される猫、陽だまりの中で背中を丸めて眠りこんでいる猫、飼い主の足もとに顔をすりつける猫、昨日も今日もノラちゃんとデートに余念のない猫などなど、ページを開くとそこはさまざまな猫たちの大行進。猫のきまぐれにいつも振り回されている、猫好きにささげる47編!!
<目次>
1.のら猫・外猫・飼い猫 2.仔猫がふえる! 3.猫も夢を見る 4.猫には何軒の家がある? 5.そんなにねずみが食べたいか 6.パリの猫、アテネの猫 編者エッセイ/猫が宿る日本語

筆者
和田博文(編集)
価格
907 yen
ページ数
397 P
発行年度
2017 年
発行元
筑摩書房
サイズ
文庫本
店長の感想

近代以降、今まであちこちにあった猫エッセイや詩、短編を集めた猫だらけのアンソロジー。Ⅰ、Ⅱとこれらの2冊を読めば猫文学を網羅したと言っても過言ではないでしょう。表紙絵はヒグチユウコ「本を読むギュスターヴくん」

商品一覧ページへ

その他の商品

罫線

罫線

店主厳選の本

2017.08.09 / 東京日和
一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

2017.05.30 /
一覧へ

挿絵にうなる本

一覧へ

ほのぼのする本

一覧へ

うっかり泣けてしまう本

2016.10.03 / ねこはしる
一覧へ

輸入本

一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

一覧へ