さわるにゃ

/ 状態: B(普通)

東京日和

※初版帯なし。表紙カバーに軽いヤケ、シミ、折れあり。また折り返し部分に5mmほどの破れあり。中身はページ周りに軽いヤケありますが読むには全く問題ありません。

ヨーコ、グッバイ、でもずーっと愛してるからネ! 絶筆を含む夫人の最後のエッセイに、あざやかな光に満ちた写真を捧げて。二人三脚の人生の、幸福な終結。新盆までの夫の日記、未発表作品多数を併録。

筆者
荒木陽子・荒木経惟
価格
1300 yen
ページ数
210 P
発行年度
1993 年
発行元
筑摩書房
サイズ
単行本19 x 13.4 x 2.6 cm
店長の感想

7月7日、荒木夫妻の結婚記念日。朝から晴れあがり「最高の東京日和だ」と笑い、有楽町で映画を見て、入谷の朝顔市に行く。出がけにチロに遭遇し、文句を言われる。そんな幸せな日々を綴った陽子さんのエッセイ、それに続く愛妻を亡くしたアラーキーの日記。時々はさまれる愛猫チロの写真。陽子さんは亡くなったけど、アラーキーと一緒に東京を歩いている、そんなことを思ってしまいました。せつなくて美しい、陽子さんに捧げるラブレターのような本です。

商品一覧ページへ

店主厳選の本

2017.08.09 / 東京日和
一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

2017.08.26 / スタンランの猫
一覧へ

挿絵にうなる本

一覧へ

ほのぼのする本

一覧へ

うっかり泣けてしまう本

2016.10.03 / ねこはしる
一覧へ

輸入本

一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

一覧へ