さわるにゃ

/ 状態: B(普通)

【売切】猫の美術館

※1996年第3版帯なし。表紙に微スレと縁ヨレありますが、おおむね美本です。

スーザン・ハーバートの猫の名画シリーズ。ルネサンスから20世紀初頭までの名画を猫を主人公に描き替えた32枚の絵が収められているパロディ画集で、美術と猫が好きな方ならくすりと笑える本です。「ラス・メニーナス」なんて、本来は犬であるはずがネズミ(カピバラ??)にすり替わっていて、それを侍従の猫が足蹴にしています。最終的にどこが一番笑えるのかを考えてみましたが、「みなすまし顔なのに、しっぽがちゃんと出ている」ということではないかと思い当りました・・・。しっぽのせいで厳粛である場面も台無し(=お笑い)になっているような気がしますが、皆さんはどうお考えでしょうか? そもそも猫がモチーフだと悲劇であるはずの場面がそうとは見えないというのも困ったものです。

筆者
スーザン・ハーバート
価格
ページ数
62 P
発行年度
1990 年
発行元
美術出版社
サイズ
大型本 26.4 x 22.8 x 1.8 cm

関連商品

商品一覧ページへ

目安箱

再入荷の際にご連絡を希望するお客様はお手数ですが、目安箱よりご連絡ください。

完売御礼

その他の商品

罫線

罫線

罫線

店主厳選の本

一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

一覧へ

挿絵にうなる本

2021.12.28 / 小鳥ならば
一覧へ

ほのぼのする本

一覧へ

うっかり泣けてしまう本

一覧へ

輸入本

2020.07.24 / Les chats de Siné
一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

一覧へ