さわるにゃ

/ 状態: A(良好)

【売切】月にとんだ猫

※初版表紙カバー付。表紙にややスレと縁ヨレありますが、全体的に美本です。

さふさした真っ白い毛なみ。リスのように太くて長いしっぽ。つんとそりかえった細めの鼻。ぼくのヒメは最高の猫だ。ヒメがそばにいてくれるだけで、ぼくは1日うきうきしてしまう。いなくなった猫を思う少年の心を描く。

筆者
森津和嘉子
価格
800 yen
ページ数
32 P
発行年度
1996 年
発行元
文渓堂
サイズ
大型本 28.8 x 21.4 x 1.2 cm
店長の感想

失った猫を美しい思い出にして成長する男の子のお話。作者は今まで100匹以上の猫たちと暮らしたそうで、きっと沢山の嬉しい出会いと辛い別れを経験してきたのでしょう。「悲しみを知ることは、人が成長していく上で大切なこと」だと述べています。東京芸術大学油画科で学び小磯良平に師事したという経歴を持つ絵本画家の美しい色彩が広がる絵本です。個人的には表紙の翼を持つ猫の絵にたいへん惹かれています。

商品一覧ページへ

目安箱

再入荷の際にご連絡を希望するお客様はお手数ですが、目安箱よりご連絡ください。

完売御礼

店主厳選の本

2019.07.15 / 牝猫
一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

一覧へ

挿絵にうなる本

一覧へ

ほのぼのする本

一覧へ

うっかり泣けてしまう本

2019.08.23 / ミツ
一覧へ

輸入本

一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

一覧へ