さわるにゃ

/ 状態: A(良好)

【売切】1001匹のおかしな猫たち

※初版帯なし。図書館除籍本のため、背にラベルや、裏見返しに剥がし跡があります。中身はややヤケがありますが、読むには全く問題はありません。

文学作品の中には実に様々な”猫”が登場するが、いずれの猫たちも、きわめて魅力的な存在となっている。古今東西の作家・詩人・画家らの手になる優雅で、かしこく、怪奇な猫たちのおかしくも不思議な世界へ案内する。
<関連図書>『猫の古典文学誌 鈴の音が聞こえる』
http://wagahaido.com/shopping/archives/8563

筆者
袋小路冬彦
価格
950 yen
ページ数
198 P
発行年度
1993 年
発行元
国書刊行社
サイズ
単行本 19.2 x 13.6 x 2 cm
店長の感想

国内外の古典・近世・近代・現代文学/詩の中に登場する面白く、優美で、ゆかいで、時には怖い猫たち1001匹を集めた、文学&猫好きにはたまらない1冊。数が多いので1つ1つは簡潔に紹介されていますが、ここまで文学の中にもぐりこんだ猫たちを紹介したものはあまりないと思います。手軽に読める猫文学入門書としてもお勧めです。

商品一覧ページへ

目安箱

再入荷の際にご連絡を希望するお客様はお手数ですが、目安箱よりご連絡ください。

完売御礼

その他の商品

罫線

罫線

罫線

店主厳選の本

一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

2019.03.08 / ハレルヤ
一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

2019.04.10 / はなねこ
一覧へ

挿絵にうなる本

一覧へ

ほのぼのする本

一覧へ

うっかり泣けてしまう本

2019.04.23 / ミツ
一覧へ

輸入本

一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

一覧へ