さわるにゃ

/ 状態: A(良好)

【売切】猫の事務所

※1996年第6刷。表紙に微スレありますが、全体的に美本です。

猫の事務所の書記の中に、一匹のかま猫がいました。かま猫とは、寒さに弱くて、夜かまどの中に入って眠るため、からだが煤で汚れている猫のことです。かま猫は、猫仲間のきらわれ者。事務所でも、ほかの書記たちにいつも意地悪ばかりされているのです…。宮沢賢治の童話を黒井健が繊細かつ緊張感のある絵本に。

筆者
作/宮沢賢治 絵/黒井健
価格
925 yen(税別)
ページ数
34 P
発行年度
1994 年
発行元
偕成社
サイズ
28 x 23.8 x 1 cm
店長の感想

読んでいていたままれない気持ちになる本が時々ありますが、私にとってそのような一冊がこのお話です。気立ても良く、仕事もできるのにちょっとしたことで周囲からうとまれる可哀想なかま猫。そして最後のあっけない終わり方。人間の愚かさや狡さ、弱さなどが描かれていると深読みもできる大人のための童話のような気がします。「めんどうくさがり」だの「短い手を本の間に入れて」だの「あくびをして」だのといった猫の描写は可愛いと思います。

関連商品

商品一覧ページへ

目安箱

再入荷の際にご連絡を希望するお客様はお手数ですが、目安箱よりご連絡ください。

完売御礼

店主厳選の本

一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

2020.05.04 / はなねこ
一覧へ

挿絵にうなる本

2020.05.04 / はなねこ
一覧へ

ほのぼのする本

2020.05.04 / はなねこ
一覧へ

うっかり泣けてしまう本

一覧へ

輸入本

一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

一覧へ