さわるにゃ

/ 状態: 新品

【売切】ネコ・かわいい殺し屋 生態系への影響を科学する

※新品定価販売のお品です。

約9500年前に家畜化され、文明の伝播とともに世界中に広がったネコ。人を魅了してやまない彼らの存在は、鳥類や哺乳類をはじめとする生物群にどのような影響をもたらすのか。捕食による希少種の絶滅や、人や海棲哺乳類への病気の媒介、TNR(捕獲・不妊去勢・再放逐)の有効性など野放しネコと環境との関わりを科学的に検証するとともに、各国で行われている対応策とその効果を紹介する。

筆者
著/ピーター・P・マラ+クリス・サンテラ 訳・岡奈理子ほか
価格
2592 yen
ページ数
288 P
発行年度
2019 年
発行元
築地書館
サイズ
19.5×13.5×2.2cm
店長の感想

猫の生態だけではなく、野良猫が自然界に及ぼす影響やTNR活動にも言及しており、現代における猫(とその保護活動)の実態を詳しく知ることができる本です。それにしても浮世絵を見るにつけ、江戸時代は猫と人間両方にとって平和な時代だったと思います。

商品一覧ページへ

目安箱

再入荷の際にご連絡を希望するお客様はお手数ですが、目安箱よりご連絡ください。

完売御礼

その他の商品

罫線

罫線

罫線

店主厳選の本

一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

2019.03.08 / ハレルヤ
一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

2019.04.10 / はなねこ
一覧へ

挿絵にうなる本

一覧へ

ほのぼのする本

一覧へ

うっかり泣けてしまう本

2019.04.23 / ミツ
一覧へ

輸入本

一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

一覧へ