さわるにゃ

/ 状態: B(普通)

【売切】國文學  解釈と教材の研究 1982年9月号 猫の文学博物誌<共同討議「吾輩は猫である」をめぐって>

※表紙と小口に少々ヤケありますが、中身は比較的綺麗で通読には全く問題ありません。

価格
20000 yen(税別)
ページ数
188 P
発行年度
1982 年
発行元
學燈社
サイズ
24 x 17 x 1.2 cm
店長の感想

現在ではもうこのようなかっちりした特集を組むことは不可能であろうと思われる、豪華執筆陣によるまるごと1冊猫文学特集。いやはや、勉強になります。
Ⅰ 猫のコスモロジー Ⅱ エクリチュールとしての猫 Ⅲ 猫と文学者 Ⅳ 絵画・マンガの猫 Ⅴ 猫の名作文学館
共同討議「吾輩は猫である」をめぐって ほか 既に故人となられた批評家・文学者たちの猫に対する熱い思いが繰り広げられた、薄くても内容はとてつもなく分厚い本です。

関連商品

夏への扉
筆者ロバート・A・ハインライン/

460 yen (税別)Sold out

商品一覧ページへ

目安箱

再入荷の際にご連絡を希望するお客様はお手数ですが、目安箱よりご連絡ください。

完売御礼

その他の商品

罫線

罫線

店主厳選の本

一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

一覧へ

挿絵にうなる本

一覧へ

ほのぼのする本

2020.05.04 / はなねこ
一覧へ

うっかり泣けてしまう本

2020.05.23 / ミツ
一覧へ

輸入本

2020.07.24 / Les chats de Siné
一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

一覧へ