さわるにゃ

/ 状態: 新品

【売切】鼠の草子 凸版ミニカード(封筒付き)

※新品定価販売のお品です。

「鼠の草子」とは室町時代に作られた御伽草子です。京都四条堀河院に住む権頭(ごんのかみ)が、子孫に畜生道から脱してもらうために人間の姫君を嫁に迎えようとしますが、うまくいかずに出家して高野山に登るという話です。
こちらはその姫君に飼われていたものの、なぜか出家した「猫の坊」です。もとは鼠捕りの名人だったという彼は雑念を捨て、修行に励んでいます。物語の最後、鼠と猫は並んで月を見ながら和歌を詠みます。剃髪したと思しき頭の剃り跡がなんともおかしいですね。
ユカワアツコさんは昔の絵巻物のような精密な描写を得意とする作家さんで、特に鳥の作品が多いのですが、こちらはちょっとめずらしく猫の作品となっています。

猫の坊 
「ねう阿弥よ かかる高野の月を見よ 悪念はなし我な恐れそ」
鼠 「思いきや猫の御坊ともろともに 高野の奥の月を見んと」

価格
216 yen
サイズ
カード/9.5×5.7cm 封筒/10.1×6cm 凸版印刷

作家紹介

ユカワアツコ

1967年 宮崎県生まれ。雑誌編集を経てイラストレーター
に。2000年頃から、描く対象が動植物、特に鳥に激しく偏る。また、一柳敦子として参加するバンド「てぬぐい」でのアコーディオン奏者でもある

https://calico29.wixsite.com/yukawa-atsuko

商品一覧ページへ

目安箱

再入荷の際にご連絡を希望するお客様はお手数ですが、目安箱よりご連絡ください。

完売御礼

その他の商品

罫線

罫線

罫線

店主厳選の本

2019.07.15 / 牝猫
一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

2019.08.23 / 猫と偶然
一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

一覧へ

挿絵にうなる本

一覧へ

ほのぼのする本

一覧へ

うっかり泣けてしまう本

2019.08.23 / ミツ
一覧へ

輸入本

一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

一覧へ