さわるにゃ

/ 状態: 新品

【売切】ぼくはいしころ

※初版帯つき。サイン本ではありませんのでご注意ください。*プレゼント包装およびブックカバーは2冊目から手数料50円を頂戴いたします。(1冊目は無料でラッピングいたします)*1冊でもブックカバー+ラッピングの場合は50円となります。

ぼくは街でひとり暮らす猫。じっとだまってここにいる。だれもぼくのことを気にとめない。道端のいしころと同じ。空き地のくさも、かみくずも、じっとだまったまま、いつかいなくなる。みんな、ぼくと同じ。声をだしては危険と教わったから、ぼくの声はぼくの中にだけある。だまっていればぼくらは平和だ。そうだろう?いしころ。
でもある日、「こんばんは」と声をかけてくる人間がいて……
ひとりで生きる猫の孤高、しまいこんでいた本当の気持ち。『退屈をあげる』の坂本千明が紙版画で描き出す、ある黒猫の物語

価格
1500 yen(税別)
ページ数
32 P
発行年度
2020 年
発行元
岩崎書店
サイズ
B5変型判
店長の感想

繊細な紙版画で綴る孤独な黒猫の物語。路傍のいしころのように無意味な存在だと自分で思い込み、感情を閉じ込めて生きてきた野良猫に訪れた転機とは…。
この原画展を2021年3月12日(金)~28日(日)当店で開催予定です。

作家紹介

坂本千明

イラストレーター。青森県出身。東海大学教養学部芸術学科デザイン学課程卒業。 大学在学中よりイラストレーターとして活動を始め、2009年からは紙版画の手法を用いる。
私家本として制作していた『退屈をあげる』を2017年10月、青土社より新装版として刊行。初の絵本『おべんとう たべたいな』(岩崎書店)発売中。雑誌『GINZA』(マガジンハウス)にて連載中の松尾スズキ「人生の謎について」挿画担当。黒猫姉妹と東京在住。

https://sakamoto5.exblog.jp/

関連商品

商品一覧ページへ

目安箱

再入荷の際にご連絡を希望するお客様はお手数ですが、目安箱よりご連絡ください。

完売御礼

その他の商品

罫線

罫線

店主厳選の本

一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

一覧へ

挿絵にうなる本

一覧へ

ほのぼのする本

2020.05.04 / はなねこ
一覧へ

うっかり泣けてしまう本

2020.05.23 / ミツ
一覧へ

輸入本

2020.07.24 / Les chats de Siné
一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

一覧へ