さわるにゃ

/ 状態: B(普通)

【売切】鈴の音が聞こえる-猫の古典文学誌

※初版。表紙にスレと縁ヨレ、薄い汚れ、裏表紙に1か所押しキズがありますが中身は綺麗です。単行本は絶版です。

日本の古典文学に登場する猫に焦点をあて、その扱われ方、人との関わりなどを楽しく気どらない口調で紹介。数多くの書物や絵画から語りかけて来る猫たちの声に、そっと耳を傾けてみませんか。

筆者
田中貴子
価格
2685 yen(税別)
ページ数
221 P
発行年度
2001 年
発行元
淡交社
サイズ
単行本21.2 x 13.8 x 2.4 cm
店長の感想

中世国文学の教授である作者は猫好きとしても有名です。そもそも表紙が国芳の猫というところからやられました。王朝貴族に愛された猫や清少納言の好みの猫、「ねこまた」の起源や僧侶と猫の逸話、江戸の猫たちといった日本における猫の受容や歴史が詳しく語られる、国文学者ならではの一冊。章のあいだにはさまれている「ね・こらむ」も秀逸です。

商品一覧ページへ

目安箱

再入荷の際にご連絡を希望するお客様はお手数ですが、目安箱よりご連絡ください。

完売御礼

その他の商品

罫線

罫線

店主厳選の本

一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

一覧へ

挿絵にうなる本

2020.05.04 / はなねこ
一覧へ

ほのぼのする本

2020.05.04 / はなねこ
一覧へ

うっかり泣けてしまう本

一覧へ

輸入本

一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

一覧へ