さわるにゃ

/ 状態: B(普通)

【売切】吾輩ハ猫デアル 名著複刻全集 近代文学館

※昭和51年第2刷函つき。函・表紙と小口に薄いシミ、背にヤケ、天金に若干スレあり。ページはカット済のものですが、中身は綺麗です。

日本近代文学史上あまりにも有名な夏目漱石の最初の長編小説。1905年10月上篇が刊行されると20日間で売り切れたという人気ぶり。中学教師の珍野苦沙弥の家に飼われる、名前のない猫「吾輩」の目で、珍野一家とその周囲に集まる人々や「太平の逸民」の人間模様を鋭く風刺し、笑いとばす落語のような語り口に乗せたユーモアは多くの読者を集め、夏目漱石の小説家としての地位を確立する記念碑的な作品となりました。本のデザインとしても当時の人気画家中村不折・浅井忠・樋口五葉が手がけた洒落たもので、この本は昭和になってそれを忠実に復刻したものです。読みながらページをカットしていくので「本を読んでいる」としみじみ感じることができます。天金も豪華な雰囲気で、明治の本とはこんなに贅沢なものだったかという雰囲気を味わうこともできます。
*厚みがあるため、レターパックでは送れません。ゆうメール(460円)かゆうパックでお届けします。

筆者
夏目漱石
価格
4165 yen(税別)
発行年度
1976 年
発行元
日本近代文学館
サイズ
単行本(3冊揃) 23.5x 16.0 x 5.5 cm

関連商品

商品一覧ページへ

目安箱

再入荷の際にご連絡を希望するお客様はお手数ですが、目安箱よりご連絡ください。

完売御礼

その他の商品

罫線

罫線

罫線

店主厳選の本

一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

一覧へ

挿絵にうなる本

一覧へ

ほのぼのする本

2020.05.04 / はなねこ
一覧へ

うっかり泣けてしまう本

2020.05.23 / ミツ
一覧へ

輸入本

一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

一覧へ