さわるにゃ

/ 状態: 新品

【売切】猫と一茶

※新品定価販売の本です。

今年は江戸時代後期に活躍した俳人小林一茶が生まれて250年。一茶が残した2万句の俳句のうち、動物を題材にした句で最も多く詠まれているのが実は猫です。本書は、2012年8~9月に全国から募集した総数1200枚から厳選した約300枚の猫写真と、一茶の猫俳句を組み合わせた写真句集。なんともいえない猫の仕草、癒やされる寝顔、思わず笑ってしまうやんちゃな行動など、全国から集結した“ 気になる” 猫たちと一茶の句がコラボレーションを繰り広げます。信濃毎日新聞社創刊140周年記念に出版されました。

筆者
信濃毎日新聞社出版部編
価格
1200 yen(税別)
ページ数
160 P
発行年度
2013 年
発行元
信濃毎日新聞社
サイズ
ソフトカバー21 x 15 x 1.8 cm
店長の感想

一茶は動物好きだったとは知っていましたが、ここまで猫好きだったとは…。不覚でした。読んでいて江戸時代も現在も猫はずっと変わらないのだと安心し、また羨ましくもなりました。

商品一覧ページへ

目安箱

再入荷の際にご連絡を希望するお客様はお手数ですが、目安箱よりご連絡ください。

完売御礼

その他の商品

罫線

罫線

罫線

店主厳選の本

一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

一覧へ

挿絵にうなる本

一覧へ

ほのぼのする本

2020.05.04 / はなねこ
一覧へ

うっかり泣けてしまう本

2020.05.23 / ミツ
一覧へ

輸入本

2020.07.24 / Les chats de Siné
一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

2020.10.02 / 猫のブローチ
一覧へ