さわるにゃ

/ 状態: A(良好)

【売切】耳猫風信社

※1996年第5刷帯なし。表紙に縁ヨレ、裏見返しに折れ跡ありますがおおむね美本です。

11歳になったぼくは、きょうは絶対、日記帳を買うんだ、と決意し、境界を越えてとなり町に足を踏みいれた。古めかしく、それでていどこかしら懐かしい風景。ぼくは、眼帯をした不思議な少年と出逢い、《山猫の店》という奇妙な文具店を教えてもらう。雨に烟る《耳猫風信社》、埠頭でのひそかな上映会、なかなか行きつけないとなり町。冒険の末に少年が発見したのは……。

筆者
長野まゆみ
価格
800 yen(税別)
ページ数
174 P
発行年度
1994 年
発行元
光文社
サイズ
単行本18.4 x 13.2 x 2.4 cm
店長の感想

少年たちをめぐる長野まゆみ先生の耽美でちょっぴりほろ苦いお話。山口マオさんの挿絵が文句なしに素敵です。

商品一覧ページへ

目安箱

再入荷の際にご連絡を希望するお客様はお手数ですが、目安箱よりご連絡ください。

完売御礼

その他の商品

罫線

罫線

店主厳選の本

一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

一覧へ

挿絵にうなる本

一覧へ

ほのぼのする本

一覧へ

うっかり泣けてしまう本

2020.05.23 / ミツ
一覧へ

輸入本

2020.07.24 / Les chats de Siné
一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

2020.10.02 / 猫のブローチ
一覧へ