さわるにゃ

/ 状態: B(普通)

【売切】猫は神さまの贈り物

※初版帯つき。表紙と帯にスレ、やや背と小口、中身は全体的にヤケありますが、読むのには全く差し支えありません。

森茉莉、谷崎潤一郎、小松左京、木村荘八など、読書家垂涎の個性派作家たちが描く、一癖も二癖もある≪猫≫と、それを取り巻く少しあまのじゃくな人間たち。読後はまるで、心の深部を猫の舌でざらりと舐められたような、ひりっと不思議な味わい。

筆者
山本容朗・編
価格
2035 yen(税別)
ページ数
230 P
発行年度
1982 年
発行元
有楽出版社
サイズ
単行本 19.6 x 13.8 x 2.4 cm
店長の感想

カバーと口絵に大佛次郎の猫コレクションの写真が載っているところからさぞかし「濃い」猫本だろうと思いましたが、やはりそうでした。豪華な猫好き作家の小説とエッセイが21も詰まった豪華な1冊です。(ただ一人宮沢賢治だけは猫好きでないというのが私の意見です)現在は改訂版で「エッセイ編」と「小説編」に分かれたものが出版されていますが、これは1冊にまとまったものでお得感があります。巻末の「初出・出典一覧」を見ると漱石が一番古く1909年。100年以上前から猫本はあるのだとしみじみと感じ入ってしまいました。

商品一覧ページへ

目安箱

再入荷の際にご連絡を希望するお客様はお手数ですが、目安箱よりご連絡ください。

完売御礼

その他の商品

罫線

罫線

店主厳選の本

一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

一覧へ

挿絵にうなる本

一覧へ

ほのぼのする本

一覧へ

うっかり泣けてしまう本

2020.05.23 / ミツ
一覧へ

輸入本

2020.07.24 / Les chats de Siné
一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

2020.10.02 / 猫のブローチ
一覧へ