さわるにゃ

/ 状態: B(普通)

【売切】猫の墓

※1960年再版帯なし。カバーにスレ、退色、本全体的に強いヤケありますが、読むのには全く差し支えありません。現在絶版。

<店長の感想>漱石の次男が語る、名無しの「吾輩」のエピソードが収められていて、漱石ファンや『吾輩は猫である』ファンにはたまらない内容だと思います。表紙になっているのが「猫の墓」ですが、思ったより大きくてびっくりしました。吾輩の13回忌に鏡子夫人によって吾輩や他の犬猫を弔うために建てられたものだそうです。現在は新宿区が管理する漱石の旧居跡(漱石山房)に史蹟として保存されています。ちなみにこの「猫の墓」の中身は雑司が谷の漱石の墓に移されており、実は何もないということが書いてあり、ちょっと驚きました。
序文は漱石の弟子、これまた猫狂いの内田百閒。

筆者
夏目伸六
価格
ページ数
246 P
発行年度
1960 年
発行元
文藝春秋新社
サイズ
単行本 19.5 x 13.5 x 1.5cm
店長の感想

漱石の次男が語る、名無しの「吾輩」のエピソードが収められていて、漱石ファンや『吾輩は猫である』ファンにはたまらない内容だと思います。表紙になっているのが「猫の墓」ですが、思ったより大きくてびっくりしました。吾輩の13回忌に鏡子夫人によって吾輩や他の犬猫を弔うために建てられたものだそうです。現在は新宿区が管理する漱石の旧居跡(漱石山房)に史蹟として保存されています。ちなみにこの「猫の墓」の中身は雑司が谷の漱石の墓に移されており、実は何もないということが書いてあり、ちょっと驚きました。 序文は漱石の弟子、これまた猫狂いの内田百閒。

商品一覧ページへ

目安箱

再入荷の際にご連絡を希望するお客様はお手数ですが、目安箱よりご連絡ください。

完売御礼

店主厳選の本

一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

2021.03.21 / はなねこ
一覧へ

挿絵にうなる本

2021.03.21 / はなねこ
一覧へ

ほのぼのする本

2021.03.21 / はなねこ
一覧へ

うっかり泣けてしまう本

2020.05.23 / ミツ
一覧へ

輸入本

2020.07.24 / Les chats de Siné
一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

2020.10.02 / 猫のブローチ
一覧へ