さわるにゃ

/ 状態: A(良好)

【売切】怪猫鬼談

※初版帯あり。表紙にわずかにスレありますが全体的に美本です。現在絶版。厚いのでレターパックライトではお送りできませんのでゆうメールをお勧めします。

日本が世界に誇るべきモンスター「怪猫」の恐怖と魅惑を凝縮したアンソロジー。泉鏡花、内田百間、岡本綺堂から現代作家まで、幻想味、怪奇味に満ちた「化ける猫」「祟る猫」の物語19編を収録する。

筆者
泉 鏡花 、岡本綺堂、水木 しげる、出久根達郎ほか
価格
2500 yen(税別)
ページ数
428 P
発行年度
1999 年
発行元
人類文化社
サイズ
20 x 14 x 3.4 cm
店長の感想

このようなものを読むと「やはり猫は祟る」とか「猫はコワイ」という方が出てくるような気がしないでもありません。しかし、ここは猫好きとしては人間には知りえない、まるで「神」のような存在として猫への畏れを感じ取ってもらいたいと思います。ただ、巻頭の水木しげるのマンガと怪猫映画の紹介ページだけは怖いと思います。表紙の「猫又」の絵は河鍋暁斎、扉の挿画はスタンランや浮世絵などがあしらわれており、それも楽しめます。

商品一覧ページへ

目安箱

再入荷の際にご連絡を希望するお客様はお手数ですが、目安箱よりご連絡ください。

完売御礼

その他の商品

罫線

罫線

店主厳選の本

一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

一覧へ

挿絵にうなる本

一覧へ

ほのぼのする本

一覧へ

うっかり泣けてしまう本

2020.05.23 / ミツ
一覧へ

輸入本

2020.07.24 / Les chats de Siné
一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

2020.10.02 / 猫のブローチ
一覧へ