さわるにゃ

/ 状態: B(普通)

【売切】贋作吾輩は猫である

※初版帯付。帯に破れ、表紙に経年変化によるシミ、背と中身にもヤケありますが読むには差し支えありません。

1906年に水がめに落っこちた漱石の猫が、這いあがるとそこは1943年だった。酒好きのドイツ語教師、五沙弥先生の家にふらりとはいりこみ、風船画伯、役人の出田羅迷、共産党員鰐果蘭哉、馬溲検校などなど、ひとくせもふたくせもある風流人たちが繰り広げる珍妙な会話を聞く。漱石の弟子であった内田百閒が、老練なユーモアたっぷりに書きあげた『吾輩は猫である』の続篇。

筆者
内田百閒
価格
1300 yen
ページ数
222 P
発行年度
1980 年
発行元
六興出版
サイズ
17.2 x 11.6 x 1.8 cm
店長の感想

漱石の弟子、内田百閒が正々堂々と師匠のあの超有名作品の贋作版として出したもの。ラストシーンは「池の縁を右に回って」という言葉で終わりますが、これは本家の冒頭で吾輩が「池を左に回って」苦沙弥先生のところに辿りつくところと対をなしていると(勝手に)思っています。

商品一覧ページへ

目安箱

再入荷の際にご連絡を希望するお客様はお手数ですが、目安箱よりご連絡ください。

完売御礼

店主厳選の本

2019.07.15 / 牝猫
一覧へ

店主悶絶の本

一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

一覧へ

大人にもお勧めの絵本

一覧へ

アートな本

一覧へ

挿絵にうなる本

一覧へ

ほのぼのする本

一覧へ

うっかり泣けてしまう本

2019.08.23 / ミツ
一覧へ

輸入本

一覧へ

お勧め雑貨

一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

一覧へ

輸入雑貨

一覧へ