完売御礼
/状態: A(良好)

【売切】ねこはなんでもしっている

※初版。表紙にややスレとヨレ、見返しに若干めくりシワありますが、中は美本です。

「オレはこのまちにすむねこ。まちのことならなんでもしっているんだ」。デビュー作『うみのいえのなつやすみ』も大好評の青山友美による、港のある町にすむ猫と迷い犬との1日のふれあいを描いた1冊。住民から愛されて生きる猫を生き生きと描き出しています。

筆者
青山友美
価格
ページ数
32 P
発行年度
2009年
発行元
イースト・プレス
サイズ
大型本 26 x 21.8 x 1.2 cm
店長の感想

本当に猫はなんでも知っています。皆さんも気を付けてください。挿絵は個人的には下手なのか上手なのか悩むところですが、とにかく印象に残る絵です。

その他の商品

罫線

罫線

罫線

店主厳選の本

商品一覧へ

店主悶絶の本

商品一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

商品一覧へ

大人にもお勧めの絵本

商品一覧へ

アートな本

商品一覧へ

挿絵にうなる本

商品一覧へ

ほのぼのする本

商品一覧へ

うっかり泣けてしまう本

商品一覧へ

輸入本

商品一覧へ

お勧め雑貨

商品一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

商品一覧へ

輸入雑貨

商品一覧へ