完売御礼
/状態: B(普通)

【売切】漱石先生ぞな、もし

※2001年第2刷帯なし。表紙にスレ、押しキズ、色あせ、小口ヤケ感ありますが中は綺麗で読むのには全く差し支えありません。

動乱の昭和の原点は、明治の中でも日露戦争以後十年の時代に求められる。その歴史の転換点を小説家として生きたのが夏目漱石であった。漱石の義理の孫にあたる歴史研究家の著者が、知られざるエピソードを発掘しながら、文豪の生きた時代と、文明批評家としての彼の側面を、ユーモラスな語り口で綴った新田次郎文学賞受賞作。

筆者
半藤一利
価格
ページ数
302 P
発行年度
1996年
発行元
文藝春秋
サイズ
文庫
店長の感想

第4話「恋猫や主人は心地例ならず」に漱石の猫のことについて興味深い話が書かれています。

その他の商品

罫線

罫線

罫線

店主厳選の本

商品一覧へ

店主悶絶の本

商品一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

商品一覧へ

大人にもお勧めの絵本

商品一覧へ

アートな本

商品一覧へ

挿絵にうなる本

商品一覧へ

ほのぼのする本

商品一覧へ

うっかり泣けてしまう本

商品一覧へ

輸入本

商品一覧へ

お勧め雑貨

商品一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

商品一覧へ

輸入雑貨

商品一覧へ