完売御礼
/状態: A(良好)

【売切】灰色猫のフィルム

※初版、帯&グラシン紙の表紙つき。表紙にやや汚れとスレありますが、中は美本です。

母親を刺し殺した“僕”は、自転車で家を飛び出し駅へ走る。目的地もなく電車に乗り、終点で降りるが行くあてもない。公園のトイレで自分を殴り、髪を切って自らの風貌を変え、見知らぬ街をさまよう。やがて所持金が底をつき、空腹が限界に達したとき、わずか3円でパンを譲ってくれたのはホームレスのハタさんだった。誘われるまま“僕”は、経歴を詐称してホームレスたちとテント小屋で生活をともにするようになる。他人の事情には立ち入らないという暗黙の了解のうえで、なぜか親切にしてくれる彼らに、少しずつ心を開き始めるが、自分の可愛がっていた猫を“僕”が殺した、と勘違いしたハタさんにバットで襲われ、思わずハタさんの目を鋏で刺してしまう。ホームレス集団を飛び出した“僕”は、再び街に出る。母の死を報じるニュースでは行方不明の長男を警察が追っていると伝えている。“僕”は公衆電話の受話器を取る―。第32回すばる文学賞受賞作。

筆者
天埜裕文
価格
ページ数
128 P
発行年度
2009年
発行元
集英社
サイズ
単行本19.2 x 13.8 x 2 cm

その他の商品

罫線

罫線

罫線

店主厳選の本

商品一覧へ

店主悶絶の本

商品一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

商品一覧へ

大人にもお勧めの絵本

商品一覧へ

アートな本

商品一覧へ

挿絵にうなる本

商品一覧へ

ほのぼのする本

商品一覧へ

うっかり泣けてしまう本

商品一覧へ

輸入本

商品一覧へ

お勧め雑貨

商品一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

商品一覧へ

輸入雑貨

商品一覧へ