完売御礼
/状態: A(良好)

【売切】セロ弾きのゴーシュ

※2004年第26刷。カバー有。新品同様の綺麗なお品です。

ゴーシュは金星音楽団でセロをひくかかりでした。けれどもあまりじょうずでなく、いつも楽長にいじめられるのでした。演奏会まであと10日という晩、ゴーシュが家で練習をしていると、1匹の三毛ねこがはいってきました。つぎの晩にはかっこう、その翌晩はたぬきの子、そして野ねずみの親子が―。

筆者
宮沢賢治
価格
ページ数
47 P
発行年度
1998年
発行元
偕成社
サイズ
大型本28 x 23.8 x 1.4 cm
店長の感想

これも(厳密に言わなくても)猫のお話ではありません。宮沢賢治のお話に出てくる猫はいつも可哀想な描かれ方をしていますが、この本もその一つです。虐待に近い?と思わせる描写で、やはり彼は猫が嫌いだったのだと思います。

その他の商品

罫線

罫線

店主厳選の本

商品一覧へ

店主悶絶の本

商品一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

商品一覧へ

大人にもお勧めの絵本

商品一覧へ

アートな本

商品一覧へ

挿絵にうなる本

商品一覧へ

ほのぼのする本

商品一覧へ

うっかり泣けてしまう本

商品一覧へ

輸入本

商品一覧へ

お勧め雑貨

商品一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

商品一覧へ

輸入雑貨

商品一覧へ