手
閉じる
店舗と併売しているため、
購入後、在庫切れになる
場合があります。
店主
完売御礼
/状態: C(やや悪い)

【売切】猫踏んじゃった

※1980年第10刷。表紙に汚れとスレ・シミ、全体的にヤケあります。読むのには差し支えありません。

呼ばない時にはやってきて、読んだ時には知らん顔、それは猫と女だ。白く光る真夏の坂道。三上はその舗装路で猫を轢死させた厭な記憶がある。何年か後、彼は友人と行きつけのバーへ行った。猫の話になると、みさ子という女の眼が暗く光った。やがて酔った女たちの合唱が始まる。猫踏んじゃった、猫死んじゃった…。読後の余韻を誘う不思議な佳作の他、練達を示す冴えた筆致で贈る、ユーモアとペーソスあふれる珠玉の作品集。

筆者
吉行淳之介
価格
ページ数
252 P
発行年度
1975年
発行元
角川書店
サイズ
文庫本
店長の感想

表題の短編は猫好きには耐えられないお話ですが、和田誠さんの表紙に惹かれて仕入れてしまいました。

その他の商品

罫線

罫線

店主厳選の本

商品一覧へ

店主悶絶の本

商品一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

商品一覧へ

大人にもお勧めの絵本

商品一覧へ

アートな本

商品一覧へ

挿絵にうなる本

商品一覧へ

ほのぼのする本

商品一覧へ

うっかり泣けてしまう本

商品一覧へ

輸入本

商品一覧へ

お勧め雑貨

商品一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

商品一覧へ

輸入雑貨

商品一覧へ