完売御礼
/状態: B(普通)

【売切】ヴァイオリンをひくネコ

※初版。図書館の除籍本で、背と表紙にシールが貼ってあります。中身はフチ周りがうっすら変色しているほかは綺麗です。

路地うらにすむのらネコのノラ。ヴァイオリンの音にこころひかれ、そこをはなれない。ヴァイオリンのすきなノラにある日のこと、幸運がめぐってくる。―じぶんのため、したしい人のため、ヴァイオリンをひくことが、いちばんのしあわせだと、こころからおもう、ヴァイオリンのすきなネコのお話。

筆者
小沢良吉
価格
ページ数
32 P
発行年度
1997年
発行元
岩崎書店
サイズ
24.2 x 21.2 x 1 cm
店長の感想

猫を優美に色っぽく描くことでは右に出るものがいない(と私が勝手に思っているの)小沢良吉さんの絵本です。走り書きのような線、単純でいて確かに猫の骨格をとらえた画には毎回うっとりさせられます。猫が自分の名誉のためではなく、ただ純粋にヴァイオリンが好きで、少女と仲間に聞いてもらいたい、という終わり方にはほっとさせられました。

関連する商品

店主厳選の本

商品一覧へ

店主悶絶の本

商品一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

商品一覧へ

大人にもお勧めの絵本

商品一覧へ

アートな本

商品一覧へ

挿絵にうなる本

商品一覧へ

ほのぼのする本

商品一覧へ

うっかり泣けてしまう本

商品一覧へ

輸入本

商品一覧へ

お勧め雑貨

商品一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

商品一覧へ

輸入雑貨

商品一覧へ