完売御礼
/状態: B(普通)

【売切】猫と馬の居る書斎

※初版帯なし。表紙にスレ、若干の縁ヨレ、ヤケありますが中身は綺麗です。現在絶版。あまり出回らないため貴重な本となっています。

サラブレッドが書斎を駆ける。僕(しもべ)は叫ぶ。「言葉」が踊る。そして猫は-。要するに、競馬は面白い! 古今独歩の競馬&ネコエッセイ。『書斎の競馬』『優駿』連載に加筆して単行本化。

筆者
柳瀬尚紀
価格
ページ数
239 P
発行年度
2002年
発行元
自由國民社
サイズ
18.6 x 12.8 x 1.8 cm
店長の感想

去年惜しくも亡くなった柳瀬尚紀さんの愛猫&競馬日記。のんちゃ、頭黒(ずぐろ)、おばあちゃんという三匹の猫が柳瀬さんの書斎と思索の中をサラブレッドのように縦横無尽に駆け抜けていく様子とその時にやっていた競馬の勝敗やデーターが日記風に記されています。いつものように駄洒落と言葉遊びが溢れた、競馬ファンでなくても楽しいエッセイ。柳瀬さんは1987年に現在騒がれている「猫の日」制定に尽力されたほどの無類の猫好き。ご本人も自分を「半猫人(はんびょうにん)」と称するほどです。そして写真の猫の尻尾が馬の首に似ていると言い張っておいでですが、皆さんいかがでしょうか?

関連する商品

その他の商品

罫線

罫線

店主厳選の本

商品一覧へ

店主悶絶の本

商品一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

商品一覧へ

大人にもお勧めの絵本

商品一覧へ

アートな本

商品一覧へ

挿絵にうなる本

商品一覧へ

ほのぼのする本

商品一覧へ

うっかり泣けてしまう本

商品一覧へ

輸入本

商品一覧へ

お勧め雑貨

商品一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

商品一覧へ

輸入雑貨

商品一覧へ