完売御礼
/状態: B(普通)

【売切】猫が小さくなった理由(わけ)

※初版。表紙に若干スレと縁ヨレ、押しキズあります。見返しに何かを剥がした跡が薄く残っていますが、中身は美本です。

人類は遺伝子の存在を知るはるか前から、そうと知らずに遺伝子にさまざまな操作を加えて、都合のよい「新たな」生命を育んできた。人間が自然を改変してきた歴史を平易に語る。

筆者
スー・ハベル
価格
ページ数
238 P
発行年度
2003年
発行元
東京書籍
サイズ
19 x 13.4 x 2.6 cm
店長の感想

遺伝子工学の本ですが平易な言葉で丁寧に説明してあるので、そこまで難しい学術書ではありません。猫に1章割いて人間と猫との出会いから、「なぜイエネコは小さくなったか」を説き起こしていています。猫の他にも植物、蚕などがとりあげられており(まったく理系向きでない私にとっても)興味深い内容でした。人間は生命にどこまで関わっていくのでしょうか。
<目次>
第1章 人間と愛犬タッツィとトウモロコシ
第2章 マルチコーリス・マニアと蚕、そして、世界初の幹線路
第3章 ライオンと猫、小さくなった猫とネズミ
第4章 天上の山々と放牧地のリンゴ

関連する商品

その他の商品

罫線

罫線

店主厳選の本

商品一覧へ

店主悶絶の本

商品一覧へ

猫愛に溢れすぎている本

商品一覧へ

大人にもお勧めの絵本

商品一覧へ

アートな本

商品一覧へ

挿絵にうなる本

商品一覧へ

ほのぼのする本

商品一覧へ

うっかり泣けてしまう本

商品一覧へ

輸入本

商品一覧へ

お勧め雑貨

商品一覧へ

贈り物にぴったりな雑貨

商品一覧へ

輸入雑貨

商品一覧へ